2017'07.23 (Sun)

ふと今でも思い出す

もう7月も下旬ですね。毎日暑いです。毎日息子とひきこもっております(笑)支援センターとか行ってみたいなぁなんて思ってますが、この暑さでは中々Σ(´Д`*)もう少し涼しくなったら行ってみようと思います。

先月、小林麻央さんが若くして旅立たれました。私自身、2007年から5年ほどがん専門相談員として総合病院で働いていた時に、一番関わらせていただいたことが多かったのが乳がんの方でした。克服して元気に過ごされている方、治療をがんばっておられる方、麻央さんのように旅立ってしまわれた方、たくさんの人生がそこにはあり、一人ひとりの方の生き方、生き様を見せていただきました。

社会福祉士の資格を取得して最初に就職したのが病院で、未経験の私が、がん相談などできる自信なんてこれっぽっちもなかった中で、そんな環境で働くことができるようになったのは、ある方のおかげでありました。それは私のバイザーとして1から100まで教えてくださった先輩。その先輩はぶっきらぼうで厳しいけれど、そんな中にも優しさにあふれた方でした。最初は怖すぎて話すことも緊張していたぐらいでした。

その先輩が私が働き出した翌年の春に倒れました。検査結果は、胃がんの末期。職場のすべての人が信じられない事実でした。そして4月末にわかって9月に旅立たれました。あっという間でした。自分がもう長くないことを自覚されてから、治療で心身共につらいのに私を育てるために一生懸命に色々と教えてくださいました。職場を退職してから5年経ちますが、ふと先輩のことを思い出します。

去年、妊娠中のセッションで、私の中に残っていた、先輩への申し訳なさや、悲しみがどっと出てきました。当時は現実として受け止めていたつもりでしたが、感情は解放できていなかったんですね。頭が痛くなるくらいに涙を流し、先輩に言いたくても言えなかったことを吐き出しました。妊娠中の不安に対してセッションを開始したのに、出てきたのが先輩への色々な感情。一見繋がっていないように見えてどこか関係しているのですね。

去年たくさん先輩に話したことで、今年はまた去年までとは違う気持ちで思い出せています。先輩が旅立たれた9月が近づいてくるといつもふと思い出すのです。

私の人生の道がどこまでいつまで続いているかはわかりません。長さはわからないけれど、その過程をどう生きていくのか、生きていけるのか、小林麻央さんの生き様や先輩の姿を思い出し、自分に問いかけています。

今を大切に生きる。

心に留めて私の人生の道を歩いていきます。
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

17:20  |  日々の出来事、思うことなど  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://healingdolphin88.blog.fc2.com/tb.php/218-a64f3013

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |