FC2ブログ

2015'09.11 (Fri)

改めて色にふれる

現在学び中&準備中の講座は、自分自身をクリアにする、掃除をしていく、浄化をしていくということをメインにお伝えしていきながら、実際にやっていきます。
その中で、色々な手法を使っていくのですが、その中に色彩心理、カラーセラピー、アートセラピーがあります。

久しぶりに色の意味を改めて体感しております♪
気になる色、何気なく手にする色、身に着けている色などに心理状態が表れています。
カラーセラピーで選んだボトルの色、アートセラピーで使っている色を見て、色から様々なことがわかります。

色には、大きくわけてポジティブな意味とネガティブな意味があります。
例えばリラックスのイメージの強い緑。自然や調和、リフレッシュ、癒し、安心など連想されると思います。キーワードにも落ち着き、調和、成長、平和主義、パノラマ的視野などがあります。(他にもたくさんありますが省略)これらはどちらかというといいポジティブなキーワードです。反対にネガティブなキーワードは、簡単にいうと↑にあげたポジティブなキーワードの逆になります。
調和を求めるあまり、非個性的であり、八方美人となってしまい、決断ができない。自分の意見を我慢して、疲れやストレスをため込んで、癒しが必要な状態であったり。などなど。
悩んでいる時、迷っている時などは、ネガティブなキーワードがポイントであったりします。

またネガティブ、ポジティブを総合して、緑を選ぶ人の一般的キャラクターの特徴がわかります。
緑の人は、自分自身を信頼し、よく理解できている人で、人々を支配することなく導いていく人、他の人に成長するスペースを与えることが出来、良い聞き手である。自然を愛し、人との調和を何より大切にし、常に人とのバランスを考え争いごとを好まない。そのために自分の言いたいことを抑え込み我慢することが多く、人の愚痴のはけ口になることも度々ある。周囲の人の愛情を得るために、自分が完璧にならないといけないと思いこんだりすることもある。自分自身の快適さ、リラックスの為のリフレッシュが必要
・・・という感じで

私自身、色によっては中々ネガティブなキーワードをイメージしにくかったんですが、ポジティブなキーワードから入るより、ネガティブなキーワードを理解して、その反対がポジティブなキーワードという感じで理解する方がセラピーには有効だと先生に教わったことなども思い出したりしながら、改めて学んでおります☆

色は本当に奥深いし、おもしろいです☆☆☆


スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

23:45  |  カラー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://healingdolphin88.blog.fc2.com/tb.php/148-9f09466b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |