FC2ブログ

2015'08.28 (Fri)

EFTの醍醐味

EFTを学ぶきっかけというのは、大きく分けると2つのパターンがあると思います。
ひとつめは、もともとセラピストやヒーラー、カウンセラーとして仕事をしていて、新しい技法として取り入れようとする時。
ふたつめは、セルフセラピーの手法として。

私が学んだきっかけはふたつめでした。EFTそのものは、動画や書籍がたくさん出ているので、それらを利用して自分である程度は取り組むことができます。またEFT-JapanのHPには無料資料や体験談なども豊富です。

自分なりに取り組んできましたが、やはりきちんと学びたいと思って、講座を受講することに決めました。そして講座を受講していくうちに、EFTを使って自分の感情に向き合っていくうちに、気がついたら、インストラクターになっていました(笑)私はセルフケアの為に学ぼうと思っていたので、人にセッションをしたり、ましてや講座を伝えるという意図は当初全くありませんでしたが、結果はおもしろい方向に♪

EFTはやればやるほど、自分が抱えてしまっていた荷物をおろしていけます。主に感情というものに対して。自分が何か前に進もうとしている時、行動しようとする時に、ブレーキとなってしまう、思考や感情を書き換えたり、解放していけます。最初は表面的な問題から取り組んでいき、取っていけばいくほど、だんだん奥に潜んでいる思考癖や感情に向き合う必要が出てきます。そのためある程度やっていくと、自分の奥深くに潜んでいるものに向き合う覚悟が必要になってきます。

でも、ある程度問題が解決したら、もう大丈夫♪と自分で勝手に納得してしまう場合があります。その理由のほとんどが恐れ。この恐れ、潜んでいますので、まずは意識化する必要があります。ところがそれに気がつかないまま、「もう私は大丈夫。」と思考で納得させてしまうんです。それもその人の選択ですから自由なんですが、もったいないなぁとたまに思います。納得してしまったら、それ以上は進みません。そして、次第に自分にEFTをしなくなっていってしまいます。実はEFTの醍醐味はその先にあるのですが

EFTは自分自身にできますが、私自身は自分でやるのも限界があるなぁと感じています。慣れてくればくるほど、自分流のやり方でそれこそ納得してしまうからです。潜在意識にあるものは、気がつかないからわかりません。でも気がついたらEFTを使って解放できます。この潜在意識にあるものに気がつくということに、自分だけでは限界があるのです。

そんな場合は、先輩インストラクターの方のセッションを受けたり、定期的に行われる練習会で他の方にやってもらったりしています。そんな時の為に、練習会があるといっても過言ではないと思います。この練習会、レベル1講座を受講された方なら誰でも参加可能です。他の人にもしますし、他の人にしてもらえますし、毎回色々な症例をシェアできてかなりお得です。EFT仲間の繋がりも増えていきますしね☆

EFTの先輩インストラクターの方がおっしゃってました。思考と感情が一致していたら、行動は自然に起こってくる。思考と感情の間に摩擦があるから、思考や感情に抵抗するから、葛藤が起こってストレスや悩みとなっていく。ほんとそうですよね。

EFTはこの思考と感情の間にある摩擦や抵抗を解消していけます。
スポンサーサイト

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

17:15  |  EFT  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://healingdolphin88.blog.fc2.com/tb.php/145-3a5d8ad2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |